当研究室について詳しく知る

index

新着ニュース

2016/07/05
第21回日本緩和医療学会学術大会(6/17-18、京都)で本研究室メンバーの発表した演題から最優秀演題3演題と優秀演題30演題が選ばれました。
2016/07/05
助教の佐藤、教授の宮下らの共同研究が、J Palliat Med誌に受理されました。
Sato K, Miyashita M, Morita T, Tuneto S, Shima Y. End-of-life treatments in the last two weeks of life in palliative care units in Japan, 2005-2006: A nationwide retrospective cohort survey. J Palliat Med. (in press)
2016/05/24
大学院修了生の岩淵正博さん、教授の宮下、助教の佐藤らの共同研究が、Palliat Care Res誌に受理されました。
岩淵正博, 佐藤一樹, 宮下光令, 森田達也, 木下寛也. 終末期医療を患者・家族・医師の誰が主体となって決定したかについての関連要因と主体の違いによる受ける医療やQuality of Lifeへの影響の検討. Palliative Care Res.(in press)
2015/05/10
平成26-27年度 緩和ケア看護学分野 年報をアップしました。
2015/12/15
研究業績をアップしました。
Aoyama, M., Morita, T., Kizawa, Y., Tsuneto, S., Shima, Y., Miyashita, M. The Japan HOspice and Palliative Care Evaluation Study 3: Study design, characteristics of participants and participating institutions, and response rates. Am J Hosp Palliat Med. (in press)
Morita T, Naito SA, Aoyama M, Ogawa A, Aizawa I, Morooka R, Kawahara M, Kizawa Y, Shima Y, Tsuneto S, Miyashita M. Nationwide Japanese survey about deathbed visions: "My deceased mother took me to heaven". J Pain Symptom Manage. (in press)
佐藤悠子, 藤森研司, 石川光一, 佐藤一樹, 石岡千加史, 宮下光令. ナショナルデータベースを用いた、がん患者の死亡2週間前の終末期医療の質の評価:サンプリングデータセットの活用とその限界. Palliat Care Res. (in press)
大河原啓文, 深堀浩樹, 廣岡佳代, 宮下光令. 日本の高齢者ケア施設における看取りの質の評価・改善に関する研究の動向. Palliat Care Res. (in press)
2016/04/19
「第4回 仙台臨床倫理セミナー」の開催案内をアップしました。
2016/04/13
宮城県内の看護師を対象とした「緩和ケアリンクナース養成研修」開催案内をアップしました。
2016/04/04
新年度の研究室メンバー卒業・修了生の進路ゼミ予定を修正しました。
2016/02/03
来年度の卒業研究生をメンバーに追記しました。
学位論文タイトルを追記しました。
2016/01/06
緩和ケア看護学分野における卒業研究の案内(2015年度)を掲載しました。
2015/12/15
助教の佐藤らの共同研究がNurse Educ Today誌に受理されました。
Kameoka J, Iwazaki J, Takahashi F, Sato F, Sato K, Taguchi A, Nakamura Y, Ishii S, Kagaya Y. Number of papers published in English from the nursing departments of 42 national universities in Japan in the past ten years. Nurse Educ Today. (in press)
2015/12/15
教授の宮下、助教の佐藤らの共同研究が、J Pain Symptom Manage誌に受理されました。
Igarashi A, Miyashita M, Tatsuya M, Akizuki N, Akiyama M, Shirahige Y, Sato K, Yamamoto-Mitani N. Association between bereaved families' sense of security and their experience of death in cancer patients: Cross-sectional population-based study. J Pain Symptom Manage. (in press)
2015/12/04
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム in 東北大学」(2016年2月開催)のお知らせを掲載しました。
2015/11/02
助教の佐藤が筆頭演者である演題が第19回東北緩和医療研究会で優秀演題を受賞しました。
2015/09/10
教授の宮下らの共同研究が、Psycho-Oncol誌に受理されました。
Kobayakawa M, Okamura H, Yamagishi A, Morita T, Kawagoe S, Shimizu M, Ozawa T, An E, Tsuneto S, Shima Y, Miyashita M. Family caregivers require mental health specialists for end-of-life psychosocial problems at home: a nation-wide survey in Japan. Psycho-Oncol. (in press)
2015/06/22
助教の佐藤および大学院修了生の岩淵さんが筆頭演者である2演題が第20回日本緩和医療学会学術大会で最優秀演題を受賞しました。
また、助教の佐藤が筆頭演者である1演題を含め、本研究室メンバーが共同演者である4演題が同学術大会で優秀演題を受賞しました。
2015/06/15
教授の宮下らの共同研究が、Palliat Support Care誌に受理されました。
Suzuki M, Deno M, Tashiro M, Asakage T, Takahashi K, Saito K, Busujima Y, Mori Y, Saito H, Ichikawa Y, Miyashita. Anxiety and Depression in Patients Who Underwent Surgery for Head and Neck Cancer in Japan. Palliat Support Care. (in press)
2015/06/15
教授の宮下らの共同研究が、Support Care Cancer誌に受理されました。
Akiyama M, Hirai K, Kakebayashi T, Morita T, Miyashita M, Takeuchi A, Yamagishi A, Kinoshita H, Shirahige Y, Eguchi K. The effects of community-wide dissemination of information on perceptions of palliative care, knowledge about opioids, and sense of security among cancer patients, their families, and the general public. Support Care Cancer. (in press)
2015/06/5
宮城県内の看護師を対象とした「緩和ケアリンクナース養成研修」開催案内をアップしました。
2015/05/28
大学院の佐藤悠子先生、教授の宮下、助教の佐藤らの共同研究が、Palliat Care Res誌に受理されました。
佐藤悠子, 宮下光令, 藤森研司, 中谷純, 藤本容子, 栗原誠, 佐藤一樹, 石岡千加史. 東北大学病院における5大がん入院患者の終末期医療の実態:DPCデータを用いた方法論の確立. Palliat Care Res. (in press)
2015/04/28
「第3回 仙台臨床倫理セミナー」開催案内をアップしました。
2015/04/16
平成25-26年度 緩和ケア看護学分野 年報をアップしました。
2015/04/02
研究室メンバー、学位論文タイトル、卒業後の進路を更新しました。
2015/04/02
平成26年度分の研究業績を更新しました。
2015/03/24
看護学コース大学院説明会の案内を掲載しました。
2015/03/16
「大規模災害に対する備え がん治療・在宅医療・緩和ケア」 東日本大震災がおこったことをうけて、がん治療・在宅医療・緩和ケアを受けている患者さんとご家族へ、災害に対する備えとして役立つことを目的としてパンフレットを作成しました。
2015/03/13
大学院研究生の木下先生、教授の宮下、助教の佐藤、 卒業研究生の庄子さん、千葉さん、宮崎さんらの共同研究が、Am J Hosp Palliat Med誌に受理されました。
Kinoshita S, Miyashita M, Morita T, Sato K, Miyazaki T,Shoji A, Chiba Y, Tsuneto S, Shima Y. Changes in perceptions of opioids before and after admission to palliative care units in Japan: Results of a nationwide bereaved family member survey. Am J Hosp Palliat Med. (in press)
2015/02/27
大学院研究生の木下先生、教授の宮下、助教の佐藤、 卒業研究生の庄子さん、千葉さん、宮崎さんらの共同研究が、Am J Hosp Palliat Med誌に受理されました。
Kinoshita K, Miyashita M, Morita T, Sato K, Shoji A, Chiba Y, Miyazaki T, Tsuneto S, Shima Y.Japanese Bereaved Family Members’ Perspectives of Palliative Care Units and Palliative Care: J-HOPE Study Results. American Journal of Hospice and Palliative Medicine (in press)
2015/02/20
教授の宮下らの共同研究が、Am J Hosp Palliat Med誌に受理されました。
Kizawa Y, Morita T, Miyashita M, Shinjo T, Yamagishi A, Suzuki S, Kinoshita H, Shirahige Y, Yamaguchi T, Eguchi K. Improvements in physicians’ knowledge, difficulties, and self-reported practice after a regional palliative care program. J Pain Symptom Manage. (in press)
2015/02/16
「入院患者さまの痛みに関する調査」について、看護師さん用の調査方法に関する説明用動画を公開しました。
2015/02/02
助教の佐藤、教授の宮下、卒業研究生の永沢さんらの共同研究が、Palliate Care Res誌に受理されました。
佐藤一樹, 橋本孝太郎, 内海純子, 出水明, 藤本肇, 森井正智, 宮下光令, 永沢譲, 鈴木雅夫. 在宅緩和ケアを受けた終末期がん患者の在宅診療中止の関連要因. Palliat Care Res. (in press)
2015/02/02
教授の宮下、助教の佐藤らの共同研究が、Support Care Cancer誌に受理されました。
Mikoshiba N, Yamamoto-Mitani N, Sato K, Asaoka Y, Ohki T, Ohata M, Miyashita M. Validation of the Japanese Version of HFS-14, a Disease-Specific Quality of Life Scale for Patients Suffering from Hand-Foot Syndrome. Support Care Cancer. (in press)
2015/02/02
教授の宮下らの共同研究が、Palliat Care Res 誌に受理されました。
山脇道晴, 森田達也, 清原恵美, 清水恵, 恒藤暁, 志真泰夫, 宮下光令. ホスピス・緩和ケア病棟におけるご遺体へのケアに関する遺族の評価と評価に関する要因. Palliat Care Res. (in press)
2015/01/14
教授の宮下、助教の佐藤らの共同研究が、J Pain Symptom Manage誌に受理されました。
Miyashita M, Morita T, Sato K, Tsuneto S, Shima Y. A nationwide survey of quality of end-of-life cancer care in designated cancer centers, inpatient palliative care units and home hospices in Japan: the J-HOPE study. J Pain Symptom Manage. (in press)
2015/01/14
教授の宮下らの共同研究が、J Pain Symptom Manage誌に受理されました。
Miyashita M, Wada M, Morita T, Ishida M, Onishi H, Sasaki Y, Narabayashi M, Wada T, Matsubara M, Takigawa C, Shinjo T, Suga A, Inoue S, Ikenaga M, Kohara H, Tsuneto S, Shima Y. The independent validation of Japanese version of EORTC QLQ-C15-PAL for advanced cancer patients. J Pain Symptom Manage. (in press)
2015/01/06
緩和ケア看護学分野における卒業研究の案内(2015年度)を掲載しました。
2015/01/06
助教の佐藤、教授の宮下、卒業研究生の佐々木琴美さんらの共同研究が、Palliat Care Res誌に受理されました。
橋本孝太郎, 佐藤一樹, 内海純子, 出水明, 藤本肇, 森井正智, 佐々木琴美, 宮下光令, 鈴木雅夫. 在宅緩和ケアを受けた終末期がん患者の実態調査. Palliat Care Res. (in press)
2014/12/03
大学院生の菅野雄介さん、教授の宮下、助教の佐藤らの共同研究が、Palliat Care Res誌に受理されました。
教授の宮下らの共同研究が、Support Care Cancer誌, Palliat Care Res誌に受理されました。

菅野雄介, 佐藤一樹, 早川陽子, 瀧田好恵, 我妻崇史, 千葉友子, 本田和子, 柴田弘子, 山内かず子, 高橋信, 井上彰, 宮下光令. 一般病棟で看取りのケアのクリニカル・パスLiverpool Care Pathway日本語版を導入するための課題:大学病院での使用経験から. Palliat Care Res. (in press)
Tanimukai H, Adachi H, Hirai K, Matsui T, Shimizu M, Miyashita M, Tsuneto S, Shima Y. Association between depressive symptoms and changes in sleep condition in the grieving process. Support Care Cancer. (in press)
角甲純, 關本翌子, 小川朝生, 宮下光令. 終末期がん患者の呼吸困難に対する送風の有効性についてのケースシリーズ研究. Palliat Care Res. (in press)
2014/11/14
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム in 東北大学」 (2014年11月開催)の質問への回答を掲載しました。
2014/11/09
教授の宮下らの共同研究がPsychooncology誌, J Palliat Med誌, Jpn J Nurs Sci誌に受理されました。
Umezawa S, Fujisawa D, Fujimori M, Ogawa A, Matsushima E, Miyashita M. Prevalence, associated factors and source of support concerning supportive care needs among Japanese cancer survivors. Psychooncology. (in press)
Morita T, Tamura K, Kusajima E, Sakai S, Kawa M, Imura C, Ichihara K, Miyashita M, Yamaguchi T, Uchitomi Y. Nurse Education Program on Meaninglessness in Terminally Ill Cancer Patients: A Randomized Controlled Study of a Novel Two-Day Workshop. J Palliat Med. (in press)
Oyama Y, Fukahori H, Miyashita M, Narama M, Kono A, Atogami F, Kashiwagi M, Okaya K, Takamizawa E, Yoshizawa T. Cross-sectional online survey of research productivity in young Japanese nursing faculty. Jpn J Nurs Sci. (in press)
2014/09/07
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム in 東北大学」(2014年9月開催)での質問への回答を掲載しました。
2014/09/07
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム in 東北大学」(2014年11月開催)の募集期間を延長しました。
2014/08/25
大学院修了生の清水恵さん、教授の宮下らの共同研究が Supprt Care Cancer誌に受理されました。
Yamagishi A, Morita T, Kawagoe S, Shimizu M, Ozawa T, An E, Kobayakawa M, Tsuneto S, Shima Y, Miyashita M. Length of home hospice care, perceived timing of referrals, quality of care, and quality of life in terminally ill cancer patients who died at home. Supprt Care Cancer. (in press)
2014/08/25
大学院修了生の清水恵さん、教授の宮下らの共同研究ががんと化学療法誌に受理されました。
山岸暁美, 森田達也, 川越正平, 清水恵, 小澤竹俊, 安恵美, 小早川誠, 恒藤暁, 志真泰夫, 宮下光令. 終末期がん患者に在宅療養移行をすすめるときの望ましいコミュニケーション:多施設遺族研究. がんと化学療法. (in press)
2014/08/21
大学院生修了生の菅野喜久子さん、助教の佐藤、大学院修了生の清水恵さん、教授の宮下らの共同研究がPalliat Care Res誌に受理されました。
菅野喜久子, 木下寛也, 森田達也, 佐藤一樹, 清水恵, 秋山聖子, 村上雅彦, 宮下光令. 東日本大震災の被災沿岸地域の医療者へのインタビュー調査に基づく災害時におけるがん患者の緩和ケア・在宅医療の在り方に関する研究. Palliat Care Res. (in press)
2014/08/07
大学院生の菅野雄介さん、教授の宮下らの共同研究がPalliat Care Res誌に受理されました。
菅野雄介, 平原優美, 松村優子, 八杉まゆみ, 川村幸子, 古賀友之, 茅根義和, 宮下光令.在宅緩和ケアにおけるLiverpool Care Pathway日本語版在宅バージョンの開発と実施可能性の検証. Palliat Care Res. (in press)
2014/08/06
教授の宮下、助教の佐藤らの共同研究がJ Palliat Med誌に掲載されました。
Morita T, Kuriya M, Miyashita M, Sato K, Eguchi K, Akechi T. Symptom burden and achievement of good death of elderly cancer patients. J Palliat Med. 2014; 17(8): 887-93
2014/08/02
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム」in 東北大学」(2014年11月開催)のお知らせを掲載しました。
2014/07/16
大学院生の竹内真帆さん、教授の宮下、助教の佐藤、大学院修了生の清水さん、学部卒業生の今野さん、佐藤さん、内山さん、高橋さん、泉さん、三浦さんらの共同研究が、Palliat Care Research誌に受理されました。
竹内真帆, 清水恵, 森田達也, 佐藤一樹, 今野美咲, 佐藤香織, 内山美里, 高橋なつき, 泉佳那, 三浦世理佳, 恒藤暁, 志真泰夫, 宮下光令. 緩和ケア病棟で死亡したがん患者の遺族による緩和ケアの質の評価と施設要因の関連―遺族5810名の全国調査から―. Palliat Care Res. (in press)
2014/07/04
教授の宮下らの共同研究が、Support Care Cancer誌に受理されました。
Miyashita M, Kawakami S, Kato D, Yamashita H, Igaki H, Nakano K, Kuroda Y, Nakagawa K. The importance of good death components among cancer patients, the general population, oncologists and oncology nurses in Japan: Patients prefer "fighting against cancer." Support Care Cancer. (in press)
2014/06/24
教授の宮下らの共同研究が第19回日本緩和医療学会学術大会で最優秀演題を受賞しました。
また、大学院生の菅野雄介さんが筆頭演者である2演題を含め、本研究室メンバーが共同演者である5演題が同学術大会で優秀演題を受賞しました。
2014/06/24
教授の宮下らの共同研究が、Support Care Cancer誌に受理されました。
Miyashita M, Kawakami S, Kato D, Yamashita H, Igaki H, Nakano K, Kuroda Y, Nakagawa K. The importance of good death components among cancer patients, the general population, oncologists and oncology nurses in Japan: Patients prefer "fighting against cancer." Support Care Cancer. (in press)
2014/06/16
教授の宮下や卒業研究生の小野寺さんらの共同研究が、Palliat Care Res誌に受理されました。
宮下光令, 小野寺麻衣, 熊田真紀子, 大桐規子, 浅野玲子, 小笠原喜美代, 後藤あき子, 柴田弘子, 庄子由美, 仙石美枝子, 山内かず子, 門間典子.東北大学病院の看護師のがん看護に関する困難感とその関連要因. Palliat Care Res. (in press)
2014/06/13
「宮城県内の看護師のための緩和ケアステップアップ研修」開催のお知らせを掲載しました。
2014/06/13
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム in 東北大学」(2014年9月開催)のお知らせを掲載しました。
2014/06/13
教授の宮下らの共同研究が、Support Care Cancer誌に受理されました。
Fujisawa D, Umezawa S, Basaki-Tange A, Fujimori M, Miyashita M. Smoking status, service use and associated factors among Japanese cancer survivors - a web-based survey. Support Care Cancer. (in press)
2014/05/26
遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する研究3 (J-HOPE3 研究) のページをリンクしました。
2014/05/08
助教の佐藤、教授の宮下、修士課程修了生の井上さんらの共同研究が、Jpn J Clin Oncol誌に受理されました。
Sato K, Inoue Y, Umeda M, Ishigamori I, Igarashi A, Togashi S, Harada K, Miyashita M, Sakuma Y, Oki J, Yoshihara R, Eguchi K. A Japanese region-wide survey of the knowledge, difficulties, and self-reported palliative care practices among nurses. Jpn J Clin Oncol. (in press)
2014/05/08
教授の宮下らの共同研究が、Am J Hosp Palliat Med誌に受理されました。
Sekine R, Ogata M, Uchiyama I,Miyakoshi K, Uruma M, Miyashita M, Morita T. Changes in and associations among functional status and perceived-quality of life of metastatic/locally advanced cancer patients receiving rehabilitation for general disability. Am J Hosp Palliat Med. (in press)
2014/05/01
教授の宮下や博士課程修了生の清水恵さんらの共同研究が、J Pain Symptom Manage 誌に受理されました。
Shinjo T, Morita T, Hirai K, Miyashita M, Shimizu M, Tsuneto S, Shima Y. Why people accept opioids: role of general attitudes toward drugs, experience as a bereaved family, information from medical professionals, and personal beliefs regarding good death. J Pain Symptom Manage. (in press)
2014/04/28
平成24-25年度 緩和ケア看護学分野 年報をアップしました。
2014/04/22
新年度の集合写真をアップしました。
2014/04/01
メンバー紹介学位論文と進路を更新しました。
2014/04/01
教授の宮下らの共同研究が、Am J Hosp Palliat Med誌とJ Palliat Med誌に受理されました。
Yoshida S, Miyashita M, Hirai K, Morita T, Akizuki N, Akiyama M, Shirahige Y, Eguchi K. Strategies for development of palliative care from the perspectives of general population and healthcare professionals: A Japanese Outreach Palliative Care Trial of Integrated Regional Model study. Am J Hosp Palliat Med. (in press)
Miyajima K, Fujisawa D, Yoshimura K, Ito M, Nakajima S, Shirahase J, Mimura M, Miyashita M. Association between quality of end-of-life care and possible complicated grief among bereaved family members. J Palliat Med. (in press)
2014/03/13
教授の宮下らの共同研究が、Jpn J Clin Oncol誌に受理されました。
Momino K, Akechi T, Yamashita T, Fujita T, Hayashi H, Tsunoda N, Miyashita M, Iwata H. Psychometric properties of the Japanese version of the Concerns about Recurrence Scale (CARS-J). Jpn J Clin Oncol. (in press)
2014/03/05
助教の佐藤や教授の宮下らの共同研究がSuppot Care Cancer誌に受理されました。
Morita T, Sato K, Miyashita M, Yamagishi A, Kizawa Y, Shima Y, Kinoshita H, Suzuki S, Shirahige Y, Yamaguchi T, Eguchi K. Does a regional comprehensive palliative care program improve pain in outpatient cancer patients? Suppot Care Cancer. (in press)
2014/02/18
2014年度「がん分野における臨床倫理セミナー」 (2014年5月開催)開催のお知らせを掲載しました。
2014/02/18
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム in 東北大学」(2014年2月開催)の質問への回答を掲載しました。
2014/02/17
五十嵐美幸さんの修士論文がPalliat Care Res誌に受理されました。
五十嵐美幸, 佐藤一樹, 清水恵, 菅野雄介, 菅野喜久子, 川原礼子, 宮下光令. がん死亡および全死因の都道府県別自宅死亡割合と医療社会的指標の地域相関分析. Palliat Care Res.(in press)
2014/01/11
インタビュー調査へのご協力のお願いを掲載しました。
2014/01/06
緩和ケア看護学分野における卒業研究について(2014年度)
2013/12/25
論文が2本受理されました。
(Jpn J Clin Oncol誌)
Hirooka K, Miyashita M, Morita T, et al. Regional medical professionals' confidence in providing palliative care, associated difficulties, and availability of specialized palliative care services in Japan. Jpn J Clin Oncol. (in press)
大学院生の竹内さんの修士論文(J Lymphoedema誌)
Takeuchi M, Yoshizawa T, Kusaka Y, et al. Detecting subclinical secondary lymphoedema using bioimpedance: A preliminary study. J Lymphoedema; 2013;8(2):16-20
2013/12/13
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム」in 東北大学」(2014年2月開催)の案内を掲載しました。
2013/11/27
助教の佐藤や教授の宮下が参加した共同研究がJ Pain Symptom Manage誌に掲載されました。
Yamagishi A, Sato K, Miyashita M, et al. Changes in quality of care and quality of life of outpatients with advanced cancer after a regional palliative care intervention program. J Pain Symptom Manage. (in press)
2013/11/27
「がん看護」誌11・12月号に研究室メンバーの執筆した 解説記事が7報掲載されました。
2013/11/19
教授の宮下や助教の佐藤、修士課程修了生の五十嵐さんが参加した共同研究が緩和ケア誌に掲載されました。
森田達也, 佐藤一樹, 五十嵐美幸, 宮下光令. 患者・遺族の緩和ケアの質評価・quality of life, 医師・看護師の困難感と施設要因との関連. 緩和ケア. 2013; 23(6): 497-501.
2013/11/11
安藤早紀さんの卒業研究がPalliat Care Res誌に受理されました。
安藤早紀, 原田真里子, Weitzner MA, 久慈瑞希, 清水恵, 佐藤一樹, 宮下光令. Caregiver Quality of Life Index - Cancer(CQOLC)日本語版の信頼性・妥当性の検証. Palliat Care Res.
2013/11/6
メンバー紹介を更新しました。
2013/10/15
研究室風景に教室旅行と芋煮の写真を更新しました。
2013/10/15
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム」in 東北大学」の案内に、参加案内ファイルを追加しました。
2013/10/11
「ELNEC-J コアカリキュラム看護師教育プログラム」in 東北大学」の案内を掲載しました。
2013/10/07
研究業績を更新しました。(学会発表)
2013/10/05
佐藤一樹助教らによる共同研究が、Palliat Care Res誌に受理されました。
2013/10/05
佐藤一樹助教、宮下光令教授らによる共同研究が、Support Care Cancer誌に受理されました。
2013/10/4
緩和ケア看護師ステップアップ研修の申込期限が延長されました。
2013/09/17
宮下光令教授らによる共同研究が、J Pain Symptom Manage誌に受理されました。
2013/09/03
研究業績を更新しました。(原著)
2013/08/30
宮下光令教授らによる研究が、J Pain Symptom Manage誌に受理されました。
2013/08/30
研究業績を更新しました。(レター)
2013/08/20
大学院研究生の木下里美先生、宮下光令教授らによる研究が、日本集中治療医学会雑誌誌に受理されました。
2013/07/24
卒業生の小野寺麻衣さん、宮下光令教授らによる研究が、Palliat Care Res誌に受理されました。
2013/07/24
宮下光令教授、佐藤一樹助教らによる共同研究がJ Pain Symptom Manager誌に受理ました。
2013/07/22
関連サイトに「がん情報みやぎ」を追加しました。
2013/07/09
宮下光令教授、佐藤一樹助教らによる共同研究がSupportive Care Cancer誌に受理ました。
2013/07/09
学内向け情報を更新しました。(ゼミ予定)
2013/07/03
宮下光令教授、大学院生の清水恵さん、菅野雄介さん、研究生の五十嵐美幸さんが、それぞれ筆頭演者として発表した5演題が、第18回日本緩和医療学会学術大会(6/21-22)の優秀ポスターに選ばれました。
2013/07/03
研究業績を更新しました。(学会発表)
2013/07/03
学内向け情報を更新しました。(ゼミ予定)
2013/06/19
学内向け情報を更新しました。
2013/06/10
学内向け情報を更新しました。
2013/06/06
研究業績を更新しました。
2013/05/27
著作と研究成果物を更新しました。
2013/05/24
研究業績を更新しました。
2013/05/24
大学院学生募集のお知らせ
2013/05/24
ホームページをリニューアルしました。

「緩和ケア」とは?がん患者様・ご家族の体や心の苦痛やつらさを和らげて予防するための治療・ケアです。

手術や化学療法、放射線治療といったがん治療と併行して早期から行うもので、終末期医療のことではありません。患者さまやご家族の生活全般について対応し、ご自宅での療養や往診、病院への入院など療養場所の調整やご家族の悲嘆のケアも含まれます。すべての看護師にとって重要なケアといえます。

緩和ケアについて詳しく知る

緩和ケア看護学分野を知るための5つのポイント

1.高い研究レベル

 

研究室で取り組む研究プロジェクトや修士・博士論文の成果は海外英文誌を中心に原著論文として発表され、学会などの賞を受賞することも少なくありません。

詳しくみる

2.大きなプロジェクトへの参加

 

厚生労働科学研究など多くの研究プロジェクトに研究室全体で取り組み、大学院生もプロジェクトに参加し重要な役割を担っています。

詳しくみる

3.教育の充実

 

教員、大学院生、学部生で研究室ゼミや各種勉強会を活発に開催し、幅広い専門知識と高い研究能力を併せもった人材の育成を目指しています。

詳しくみる

4.整った医療体制

 

仙台市には緩和ケア病棟2施設、がん診療連携拠点病院4施設、がん患者を対象とした診療所多数があり、緩和ケアを学ぶには最適な地域です。

詳しくみる

5.専門看護師の資格取得

 

所定単位の取得により「がん看護専門看護師」の受験資格が得られます。緩和ケアを専門に学んだ専門看護師は社会から強く求められています。

詳しくみる


「緩和ケア」コンテンツ

  • 私たちと一緒に緩和ケアの研究をしませんか?大学院生募集のお知らせ
  • 緩和ケアマップ
  • 学校向け情報
関連サイト
  • がん情報みやぎ

ページのトップにもどる